So-net無料ブログ作成
検索選択

(6/23)2CELLOS ON THE ROAD@Bunkamuraオーチャードホール [2CELLOS]

150623_1847~01.jpg


先日、チェリストデュオの2CELLOSのコンサートを観に行ってきました。
2CELLOSのコンサートは昨年3月の日本ツアー以来、1年3ヶ月ぶりなので非常に楽しみにしてました。
時間は1時間20分ほどと短かかったのですが、スゴく凝縮されていて実は21曲もやっていました。
英語が通じなくても2人のパフォーマンスで楽しめた東京再追加公演のライブレポです。

2CELLOS ON THE ROAD
日時:6/23(火) 19:05~20:26(1時間21分)
会場:Bunkamuraオーチャードホール(東京、再追加公演)
出演:ルカ・スーリッチ(cello)、ステファン・ハウザー(cello)、ドゥーシャン・クランツ(drums)
曲目:
♪オブリビオン
♪ガブリエルのオーボエ
♪約束の地
♪美しき生命
♪The Book of Love
♪The Resistance
♪With or Without You
♪Human Nature
♪Smooth Criminal
♪Welcome to the Jungle
♪Thunderstruck
♪Voodoo People
♪Mombasa
♪They Don't Care About Us
♪Smells Like Teen Spirit
♪狂った夜
♪地獄のハイウェイ
♪Satisfaction
~アンコール~
♪The Trooper
♪Back in Black
♪Bach Air


この日はもちろん、Sold Out。
凄まじい勢いで世界中を駆け回ってますね。
開演15分前ということで、観客の入場もスゴい勢いで進んでいました。
私も入場します。

150623_1848~01.jpg


物販コーナーがあるんですか?
オフィシャルサイトとかで告知がなかったし、洋楽で物販があるとは考えてもみませんでした。
冷静になって考えると、あって当然なんですけどね。。。

150623_1851~01.jpg


ツアーグッズは何かなと思って覗いてみました。
3500円のツアーTシャツ4種類。。。高いですねえ。
3000円のトートバッグ。。。高いです。
2000円のパンフレットはセットリストが載ってないと出てたので買いません。
2000円のリユースボトルはいいかもしれないですが、通勤バッグに入れるにはちょっと大きいかなあ。
1500円のマフラータオルは回す曲がないので買いません。
1500円のキーリングってキーホルダーと何が違うの?
1000円のクリアファイルセットは私がイケメソに靡くことはないのでパスです。
結局何も買いませんでしたが、後の公演で買うかもしれません。

150623_1851~02.jpg


アルバム売り場では2CELLOSのアルバムが販売されていました。
最新アルバム「CELLOVERSE」は購入済みです。
「2CELLOS」も「2CELLOS2」も購入済み。
ライブDVDは日本のライブだったら買いますけど残念ながら海外のライブでした。

150623_1853~01.jpg


ホールに入りました。
私の座席は1階22列23番です。
主催者先行販売に飛びつき、再追加公演でなんとか1階席を取れました。
昨年は渋谷公会堂の2階席だったので少し前に進んだかな。

開演時間を少し過ぎたところで場内は暗転。
ルカがスケスケのチェロを持って登場しました(^-^)//""パチパチ
使用楽器はヤマハのサイレントチェロSVC110Sみたいですね。
もちろん、ルカのは白で、後から出てくるステファンのは黒く塗られています。

1曲目の演奏はピアソラの「オブリビオン」。
びっくりしましたねえ。
いきなりバンドネオン奏者の小松亮太さんのコンサートで聴くような曲が出てくるとは。。。
ストリングス中心のカラオケが流れるところをチェロのメロディが響いていました。
ルカが演奏中にステファンも登場(^-^)//""パチパチ
後半は一緒に演奏していましたがオリジナルに近い演奏でした。

2曲目の演奏はモリコーネの「ガブリエルのオーボエ」。
image 5 cinqやimage 13 quatorzeに収録されてるので知ってました。
いい曲ですよ。
この曲もストリングス中心のカラオケをバックにしっとりと演奏していました。
この2曲は来月のサントリーホールでは楽団と共演するのかな。。。
ちょっと楽しみになりました。

3曲目の演奏はU2の「約束の地」。
1stアルバムの最初の曲です。
ここからが本番ですよ。
アップテンポになり、2人でギコギコと演奏していました。
照明もチカチカと点灯して場を盛り上げいていました。
スクリーンには道を走る車からの映像が映り、まさに「2CELLOS ON THE ROAD」でした。
ルカ:こんばんは。東京!!
観客:o(^o^)oイエーイ
ルカ:日本に帰ってきました。
観客:(^-^)//""パチパチ
ルカ:(英語で)4回目の来日でうれしいです。ありがとう!!

私が2CELLOSのライブを観に行くようになったのは昨年からです。
初来日した年に発売されたimage 12 douzeに「Smooth Criminal」が収録されてたというのに何で日本ツアーに気がつかなかったんだろう。。。
後悔するばかりです。

4曲目の演奏はコールドプレイの「美しき生命」。
穏やかな演奏でしたが、ライブらしくリズミカルに聞こえて幾分明るい印象でした。
バックの照明もグルグル回ってたのでそんな感じがしたかもです。
ループ演奏もやってたので音に厚みもありました。
ステファン:こんばんは。
観   客:(^-^)//""パチパチ
ステファン:How are you?
観   客:Fine!!

このくらいの英語なら私は分かるのですが、多く言われると分からないです。
でも、前のほうのファンは明らかに反応していました。
羨ましい。。。

5曲目の演奏はマグネティック・フィールズの「The Book of Love」。
こちらはもっと穏やかで、2人のハーモニーが美しく響く演奏でした。
ピッチカートも心地よいです。
2人のアップ映像がここから映っていました。

6曲目の演奏はミューズの「The Resistance」。
再び白熱の演奏になり、ギコギコと演奏していました。
弓使いが凄まじくてがかなりカッコいいです。
最後はアルバムにはないエレキ音も入れて演奏し、観客から歓声が出ていました。

7曲目の演奏はU2の「With or Without You」。
穏やかな演奏で、等間隔のベース音をバックにメロディを聴く感じでしたが、アルバムよりも力強い演奏に聞こえました。
やっぱり聞こえ方が違います。
ここでバックのスクリーンには早くも弓が切れてるのが見えましたが、これは2人にとってはいつものことでしょう。
ルカ:(英語)次の曲はマイケル・ジャクソン。
観客:\(*^^*)/

2CELLOSファンにとってのマイケルの曲と言えば、デビューのきっかけとなった「Smooth Criminal」ですからねえ。
もちろん、喜びます。

8曲目の演奏はマイケル・ジャクソンの「Human Nature」。
エコーがかかったピッチカートメロディが中心の神秘的な演奏でした。
マイケルと言ったせいか、ここからは手拍子が出ます。
よく聴くとアルバムのライブ音源でも聞こえてますね。

9曲目の演奏はマイケル・ジャクソンの「Smooth Criminal」。
さて、ここからが2CELLOSライブの本番ですよ。
2CELLOSがこの曲を演奏してるのをYoutubeにアップしてヒットしたんでしたね。
スタンディングの観客が出てきました。
ただ、オーチャードホールはクラシックのホールなので立ちづらい場所だったかなあ。
むしろ、渋谷公会堂のほうがよかったかも。。。
でも、大きな歓声は出ていました。

10曲目の演奏はガンズ・アンド・ローゼズの「Welcome to the Jungle」。
この曲も力強い演奏で盛り上がっていました。
スクリーンには早く流れる映像が映り、バックも華やかでした。
マイケル2曲を含めた3曲はライブ音源もあるので主力の曲なんでしょう。
今後もずっと聴くことになりそうです。

11曲目の演奏はAC/DCの「Thunderstruck」。
演奏が激しくなり、スタンディングも徐々に増えていました。
曲の途中からドラムのドゥーシャン・クランツが登場し、力強く叩いていました。
2CELLOSの2人はものすごく速弾きを続けていましたが、途中からはステファンが見えなりました。
もしや、NAOTOさんのようなブリッジ??
後方からだとよく見えなかったので立ち上がって背伸びして確認しましたが、寝転がって演奏していました。
それでもすごいぞ。。。

12曲目の演奏はザ・プロディジーの「Voodoo People」。
イントロでドゥーシャンのドラムソロが入って盛り上がりました。
その後もオリジナルよりも存在感があってリズミカルな演奏に聞こえました。
メロディは単調なので、リズム中心だったでしょうか。

13曲目の演奏は映画「インセプション」より「Mombasa」。
とにかくずっと小刻みに演奏してた印象でした。
メロディを聴くというよりは雰囲気を感じる曲でしょうか。
洋楽はちょっと難しいです。

14曲目の演奏はマイケル・ジャクソンの「They Don't Care About Us」。
太鼓のようにドンドコ聞こえるドラムが印象的です。
マイケルもこんな感じの演奏をバックに歌ってたのかなあと思いました。
そんな歌ってるような感じのメロディがよかったです。

15曲目の演奏はニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」。
引き続きヘビーで迫力のある曲です。
ステファンは立ち上がって力強いメロディを演奏していました。

16曲目の演奏はAC/DCの「狂った夜」。
ライブDVDに収録されていますが、音源化はされてないですね。
今までの曲の中では意外と爽やかに聞こえる明るい演奏でした。
タイトルとは全然違いますね。

17曲目の演奏はAC/DCの「地獄のハイウェイ」。
こちらは明るい演奏で、観客からもかけ声が出ていたように聞こえました。
次の公演でもう少し聞いてみるか。。。
このあたりまで来ると、スタンディングの観客も増えてきてだんだん前が見えなくなってきました。

18曲目の演奏はローリング・ストーンズの「Satisfaction」。
こちらも盛り上がり曲です。
ルカが振ったのもあって、サビの部分では明らかに「Satisfaction!!」と観客が歌ってるのが聞こえました。
スクリーンには盛り上がる観客が映り、ステージと観客が一体化していました。

150623_1957~02.jpg


アンコール1曲目の演奏はアイアン・メイデンの「The Trooper」。
ようやく、最新アルバムの1曲目が出てきた。。。
PVが強烈なので、これはよく覚えてたんですよね。。。
イントロにウィリアム・テル序曲のあの有名なフレーズが入り、その後もアップテンポで迫力のある演奏が続いていました。
オリジナルにはないドラムがついてたのでより盛り上がり感のある演奏でした。

アンコール2曲目の演奏はAC/DCの「Back in Black」。
ヘビーな演奏で、ルカもステファンもエレキ音で演奏していました。
サイレントチェロならではですねえ。

ここで、ドラムのドゥーシャン・クランツが退場。
最後にステファンが観客にお礼を言ってました。

アンコール3曲目の演奏は「Bach Air」。
いわゆる「G線上のアリア」です。
最後にこんな曲を持ってきましたか。。。
クラシカルな演奏で、メロディとベース音を2人で持ち回りながら演奏していました。
チェロの音色をいい感じで聴けました。

演奏が終わると2人は退場し、コンサートが終わりました。

150623_2031~03.jpg


最初の印象だとものすごい演奏をする2人と思ってたのですが、前半は意外と穏やかな演奏も多かったですね。
やはり、来週のサントリーホール公演を見据えてのことでしょうか。
でも、盛り上げるところはきちんと盛り上げてたし、テクニックも十分堪能できました。
あっという間の1時間20分でしたけど楽しかったです。

あと、英語が分からなかったのですが、MCで撮影OKって言ったんですかねえ。。。
昨年のツアーでも撮影OKの話があったそうですが、静かな曲では撮影音が多数耳に入ったのでちょっと気になりました。
洋楽はそんなもんですかねえ。
次の公演でも確認してみます。

次の2CELLOS日本ツアーは明日の仙台公演ですね。
曲をだいぶ覚えてきたので次はもう少し余裕を持って楽しむことにします。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 4

りか

詳細な解説をありがとうございました。私、当日は1階の前方で鑑賞していた者です。ルカは「これはクラシックのコンサートじゃないから、一緒に歌ったり、踊ったり、叫んだり…何したっていいんだよ。好きに楽しんで。僕たちは歌詞、知らないから是非歌ってね。それと、写真も好きなだけ撮って構わないよ。だけど、みんなで一斉に撮るのはカンベンしてね。笑」って言ってました。
ステファンは、「こんばんは」ばかり連発して笑いをとってましたね。「これしか日本語知らないんで。笑」と。

貴女のおっしゃる通り、観客スタンディング前の、わりと静かな演奏の際は周りでひっきりなしに鳴るカメラのシャッター音が耳障りでしたので、私は撮影は遠慮しました。
サントリーホールは行かれますか?席番、教えてくださったら、こちらからご挨拶に行きたいです。(^^)
ブログは一切してなくて、ごめんなさい。また読ませて頂きますね。
by りか (2015-06-30 12:40) 

たかぴー

>りかさん
ルカはそういうことを言ってたんですね。
ありがとうございます。
英語が通じるのは羨ましいです。

もちろん、サントリーホールは行きますよ。
2階RA6列7番です。
2人を拝める席はなかなか取れないですね。

by たかぴー (2015-07-02 06:25) 

りか

たかぴーさん、こんにちは!
この度のサントリーホール公演につきましては、せっかく席番を教えて頂いたにもかかわらず、ご挨拶に伺えなくて誠に申し訳ございませんでした。密かに楽しみにしてたんですが、本当に失礼致しました。
実は公演当日に限って仕事が予定より長引いてしまい、六本木一丁目駅から走ってホールに入館したのがなんと開演2分前で、ヒヤヒヤの着席でした(>_<) 私の席は、一生に一度あるかないかの幸運により (おそらく、これで一生分使い果たしたのでは?) 1階の1列17番でしたので、2人の表情や動き、息づかいなどは詳細にお伝え出来ますが、当方 恥ずかしながら、深く鑑賞するための薀蓄が無いものですから、たかぴーさんのレポートを読ませて頂くのをとても楽しみにしております。いつもありがとうございます!
りか
by りか (2015-07-05 19:28) 

たかぴー

>りかさん
私も同じような時間に到着したし、2階席だったので会うのはちょっと厳しいかなあと思ってました。
最前列ですか!?
しかもステファンのすぐ近く。。。
羨ましいです。
私の位置では息づかいはなんとか聞こえましたが表情は全く見えませんでした。
表情については書けませんが、ライブレポは近いうちに書きます。

by たかぴー (2015-07-07 22:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0