So-net無料ブログ作成
検索選択

(2/4)柏木広樹 チェロ・コンサート“Made in musicasa 2017” Imperial Strings@第一生命ホール [柏木広樹]

170204_1434~01.JPG


先月、チェリスト・柏木広樹さんのコンサートを観に行ってきました。
柏木さんが「年に一度のご褒美」と言ってた豪華な編成のコンサートですね。
ここ数年、私も毎年観に行ってます。
ということで、私にとっても年に一度の楽しみになってきたコンサートのライブレポです。

柏木広樹 チェロ・コンサート“Made in musicasa 2017” Imperial Strings
日時:2/4(土) 14:36~17:13(2時間37分)
会場;第一生命ホール(東京)
出演:柏木広樹(cello)、伊藤ハルトシ(cello,guitar)、遠山哲朗(guitar)、
   光田健一(piano)、西嶋徹(bass)、小笠原拓海(drums)、
   真部裕(violin)、藤堂昌彦(violin)、二木美里(viola)
曲目:
~1部~
♪相思華
♪Brisa
♪LIFE
♪白ネズミ
♪大地を繋ぐ樹の下で
♪航海記
♪チェロック(仮)

~2部~
♪Flores Cencia
♪Cielo Azul
♪Torbellino!
♪Amazon River
♪TODAY for TOMORROW
♪Cacador

~アンコール~
♪musicasa
♪La~La~Ya


会場に到着しました。
時刻は14時37分。
ちょっと遅刻ですねえ。
私が入場したときはちょうど演奏が始まった頃でした。
曲が終わるまでロビーのモニターで鑑賞です。

170204_1437~01.JPG


1曲目の演奏は「相思華」。
アルバム「Cellos LIFE」に収録されています。
柏木さんとヴァイオリンの真部さん、ベースの西嶋さんによるアコースティックな演奏でした。
オリジナルは藤原道山さんの尺八が聞こえるのですが、そのパートを真部さんがやっていたようです。
モニター越しでしたが、真剣さが伝わる白熱の演奏でした。

演奏が終わり、会場に入りました。
私の座席は1階10列31番です。
一般発売で購入したのでやはり後ろのブロックですね。
でも、目の前が通路なので視界はよかったです。
ステージの全体を見て楽しみます。

西嶋さんと真部さんが退場し、ギターの遠山さんとハルトシさんが登場していました。
柏木さんはメンバーの入退場毎にメンバー紹介をしていました。
西嶋さんは葉加瀬さんツアーで15年の付き合いと紹介されていましたがホントに長いです。
真部さんは藝大を首席卒業し、現在はトリオで「古典研究会」をやってる話をしてましたがいつか観に行きたいです。
遠山さんは実は柏木さんとの共演が初めてと言ってましたがNAOTOさんライブではお馴染みなのでこれは意外。
ハルトシさんは日本一腰が低いギタリストと紹介されていましたが何のことかは不明です。

2曲目の演奏は「Brisa」。
ファーストアルバム「I'M HERE」に収録されています。
ハルトシさんが伴奏で、遠山さんはサブメロの演奏でした。
柏木さんは穏やかな低音メロディの演奏ですが、もちろん美しい音色でした。

ここで遠山さんとハルトシさんが退場し、ピアノの光田さんとヴァイオリンの藤堂さんが登場しました。
光田さんは柏木さんと「二人旅」のツアーを毎年回ってて合作アルバム「Partiendo」を使った話をしていました。
藤堂さんは男性なのに優しい音色を出すヴァイオリニストと紹介されていましたが葉加瀬さんツアーでもたまに出てくるイメージがあります。

3曲目の演奏は「LIFE」。
アルバム「Cellos LIFE」に収録されています。
オリジナルではピアノは西村由紀江さんで、メロディがウェイウェイ・ウーさんですが、そのパートを光田さんと藤堂さんがやっていた感じでしょうか。
光田さんのピアノ伴奏をバックにした穏やな演奏が続いていました。
柏木さんはどちらかというとサブメロディが多く、藤堂さんの切れ目のない滑らかなメロディがよく聞こえていました。

ここで真部さん、西嶋さん、チェロを持ったハルトシさん、ビオラの二木さんが登場しました。
ハルトシさんはもう一つ、チェリストという顔を持ってますが、言わずと知れた二刀流ですね。
二木さんは女性なのに男前な音を出すと紹介されていましたが私が見るのは多分初めてです。

4曲目の演奏は「白ネズミ」。
アルバム「pictures」に収録されています。
6人で弓をギコギコさせてましたからがいきなりストリングスの厚みが増してビックリしました。この曲は大人数で演奏するイメージがなかったです。
オリジナルは軽い感じのショーロですが、なんかクラシックを聴いてる感じがしました。

5曲目の演奏は「大地を繋ぐ樹の下で」。
「cocoro -relation-」に収録されています。
こちらも普段はピアノ伴奏のみの少人数編成が多いです。
柏木さんの美しいメロディが中心ではありましたが、ストリングスの前奏や間のピッチカートや後半の音の厚みなど、ストリングスの多さを生かした演奏が続いてました。

遠山さんが再び登場しました。

6曲目の演奏は「航海記」。
アルバム「航海記」のタイトル曲です。
ノリのいいブラジル音楽で、柏木さんの明るいメロディや、西嶋さんのリズミカルなベース音、遠山さんの軽快なギター音がよく聞こえていました。
ストリングスも合間合間にサブメロディを入れてましたがやはり分厚かったです。
途中に藤堂さんや遠山さんのソロ演奏もあり、最後まで華やかでした。

ここで、柏木さんとハルトシさん以外が退場しました。

7曲目の演奏は「チェロック(仮)」。
その名の通りチェロでロックをする曲ですが、まだ出来立ての曲でタイトルが決まってないと言ってました。
音源化が楽しみですね。
柏木さんとハルトシさんの激しい演奏は2CELLOSを思わせる内容で、小刻みにギコギコ弾き続けたりギュイーンと音を出してたりして白熱の演奏でした。
1部最後のしか演奏できないと言ってましたが納得でした。

演奏が終わると柏木さんたちが退場し、休憩時間になりました。
早速ロビーへ行きます。

ロビーの一角では話に出ていた光田さんとの合作アルバム「Partiendo」の先行予約の受付をしていました。
こういうところの先行予約ってメリットがあるんですかねえ。
別に早く聴ける感じでもなさそうだし、配送料がかかったりするんじゃないかなあ。
何かメリットが欲しいところです。

170204_1537~01.JPG


スタンド花が置いてありました。
本間昭光さんは柏木さんの所属事務所・Bluesofaの中心人物ですね。
ウェイウェイ・ウーさんは二胡奏者ですが、先ほど演奏した「LIFE」で共演しています。
NAOTOさんは同じBluesofaに所属するヴァイオリニストですが、「JUNCTION」の演奏で共演しています。

170204_1537~02.JPG


会場には柏木さんの等身大パネルが置いてありました。
これはクロサワ楽器店が用意したものですが、だいぶ前のものですよねえ。
一体いつまで使う感じでしょうか。
でも、今のところ違和感はないのでとりあえずいいか。。。

170204_1537~03.JPG

170204_1537~04.JPG


物販コーナーには柏木さんや光田さんのアルバムが並んでいました。
柏木さんのアルバムの発売頻度はそれほど高くはないのでアルバムはほぼすべて持ってます。
デビューアルバム「I'M HERE」だけ持ってないですが10年以上前の演奏を今聴くかどうか。。。
とりあえず今回も先送りしました。

170204_1538~01.JPG


ロビーの一角にはビュッフェがあります。
本来ならここで何か買うのが恒例ですが、ちょっと寄り道し過ぎたかなあ。
ゆっくり休む時間がなくなってしまいました。
休憩時間は15分ですが残り5分のところでプロモーターから警告が発せられるので実質10分です。
ちょっと短いかも。

170204_1539~01.JPG


物販コーナーのすぐ横には盲導犬のPR犬が来ていました。
柏木さんのこのコンサートでは毎年の恒例になってます。
今回も観客に取り囲まれていましたが、何でもない様子でした。
もう慣れてるんでしょうねえ。

170204_1540~01.JPG


休憩時間が終わると場内は暗転。
柏木さんと、真部さん藤堂さん二木さんを除いたバンドメンバーが登場しました(^-^)//""パチパチ
ドラムの小笠原さんは2部で初登場です。
後で柏木さんが話していましたが、小笠原さんはハルトシさんと同級生で、バンドをやっているそうです。
小笠原さんのオフィシャルサイトを見てきましたが、「Fab Bond」と出ていました。

2部の演奏を始めると思いきや、柏木さんの様子がおかしい。。。
ハルトシさんの後ろに置いてあった黒いチェロを柏木さんのと交換していました。
どうやら柏木さんのチェロに何かトラブルがあった様子。

8曲目の演奏は「Flores Cencia」。
アルバム「CASA FELIZ」に収録されています。
柏木さんはそのままハルトシさんの黒いチェロで演奏していました。
激しい演奏でドラムのいるバンドならではです。
曲の途中では西嶋さんやハルトシさん、光田さん、遠山さんとアドリブ演奏が続いていましたがこの間、柏木さんは自分のチェロの修理に取りかかっていました。
アドリブ演奏が終わる前に柏木さんは再びハルトシさんのチェロを使って演奏していました。

演奏が終わると柏木さんは黒いチェロをハルトシさんに返し、再び自分のチェロの修理に取りかかりました。
「公開修理」と言ってましたがピッタリです。
その間、バンドメンバーがBGMと称して「One Note Samba」を演奏し、時折各メンバーのアドリブ演奏を交えて場をつなぎます。
修理を終えて柏木さんが演奏に合流すると、拍手が出ていました。
暖かい観客ですね。
後で言ってましたが、チェロの弦を支えるコマを取り替えてたそうです。
明確に壊れてはなかったと思うのですが、なんか違和感があったんでしょう。

9曲目の演奏は「Cielo Azul」。
アルバム「Cellos LIFE」に収録されています。
柏木さんは光田さんのピアノ前奏の間もチェロを気にしてましたが、柏木さんの演奏が始まった後はといつも通りの明るい演奏でした。
ハルトシさんのシャカシャカ聞こえるアコギも気持ちいいです。
途中で遠山さんのエレキギターメロディも入り、オリジナルよりも迫力のある演奏でした。

10曲目の演奏は「Torbellino!」。
こちらもアルバム「Cellos LIFE」に収録されています。
白熱の演奏で、前奏や間奏では遠山さんので情熱的なギター演奏がありました。
特に間奏が長くて気分はまさにスパニッシュです。
柏木さんのメロディを力強く演奏していました。
ハルトシさんはさっき柏木さんに貸した黒いチェロを使ってて途中、柏木さんのハモリパートを演奏していました。

ここで真部さん藤堂さん二木さんの3人が再び登場しました。
これでフルメンバーです。

11曲目の演奏は「Amazon River」。
アルバム「CASA FELIZ」に収録されています。
イントロの幻想的な波音とか1コーラス目のハーモニカメロディの部分はカットされており、いきなり不気味で重厚な低音からはいってちょっとびっくり。
オリジナルではハーモニカの哀愁漂う音が多いのですがそこは柏木さんのチェロメロディに置き換えられていて長いソロ演奏もあるので柏木さんが目立ってました。
オリジナルでは柏木さんが弾いてたハモリパートを光田さんがコーラスでやってたのは光田さんらしかったです。

12曲目の演奏は「TODAY for TOMORROW」。
このタイトルと言えばトヨタ自動車ですね。
昨年の12/10に開催された「トヨタ・ミュージアム・コンサート TODAY for TOMORROW~MIRAIに続く物語~」に出演してましたがこのタイトルが気に入ったと言ってました。
壮大なバラード曲で、気持ちを前向きにさせてくれる感じの演奏でした。
音源が楽しみです。

13曲目の演奏は「Cacador」。
アルバム「musicasa」に収録されています。
柏木さんが参加している葉加瀬太郎さんツアーでもよく演奏してますね。
いきなりアップテンポな前奏で入り、場を盛り上げます。
柏木さんの力強いメロディ以外にも西嶋さんのエレキベースや光田さんの派手なキーボード音や小笠原さんのドラム音も聞こえていてまさにバンド演奏です。
ストリングスもみんな立って演奏してて真部さんや藤堂さんは遠山さんと共にアドリブ演奏の一端を担っていました。
後半のサビでは光田さんがオーエーオーエーオーとコーラスもやり、演奏を盛り上げていました。

アンコール1曲目の演奏は「musicasa」。
アルバム「musicasa」のタイトル曲です。
柏木さんライブではすっかり恒例になりましたね。
観客にコーラスの指導をしてから演奏が始まります。
明るい演奏や光田さんのソロ演奏を聴いた後に観客の2パートコーラスが入ります。
観客は慣れてるので両パートともよく聞こえていました。

アンコール2曲目の演奏は「La~La~Ya」。
アルバム「pictures」に収録されています。
引き続き明るい演奏でした。
ただ、オリジナルよりも速い速い。。。
各メンバーのソロ演奏も速かったです。
ラストの柏木さんは近くの台に乗ってエビ反り演奏を炸裂させ、角度が90度近くになるくらいにチェロを持ち上げてました。
いろいろ見せ場があって最後まで盛り上がりました。

演奏が終わると柏木さんたちが退場し、コンサートが終わりました。

ロビーに戻るとすでにサイン会の準備ができていて開始を待つ観客の行列ができていました。
並んでいる観客は持ってないアルバムを買ったか重複して買っているかですよねえ。
私はアルバムは発売日にすぐ買ってしまうしなあ。。。
ということで、今回も見送りです。

170204_1719~01.JPG


最初は遅刻してしまいましたけど楽しかったです。
会場を後にしました。

170204_1724~01.JPG


9人編成の演奏はすごかったですね。
第一生命ホールの音が響くというのもあって結構大迫力に聞こえました。
あまり大人数のコンサートを観に行ってなかったので新鮮でした。
その他にも、今回奈良ではの弦楽器のみとかギター伴奏のみとかチェロデュオとかもあっていろんな演奏を聴けました。
コマを取り替えるというトラブルもありましたがトラブルもコンサートのうちです。
いろいろあった「年に一度のご褒美」ですが楽しかったです。

次の柏木さんコンサートは6月のアコースティックコンサートですね。
サポートはNAOTOさんライブでもお馴染みの松本圭司さんで、ゲスト出演があの沖仁さんです。
まだチケットを取ってないので3/17の一般発売日に頑張って取ることにします。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0